» 二枚貝

2018/4/16 月曜日

二枚貝

Filed under: 未分類 — アートメモリー @ 0:41:41

ゴールデン・ウイークの頃になると潮干狩りのシーズンでもあり、磯遊びに出かける家族連れのニュースも流れます。
最近はあらかじめ砂浜に養殖物や輸入物の貝を埋めておくことが多いようですが、掘り出す楽しみは変わらないようです。

アサリやハマグリといった二枚貝は火を通した際に口が開きます。
ところがたまに閉じたままのものが見つかります。
これは“調理前に死んでしまっていた貝”で、食べてはいけないと教わった方々も多いと思います。
死んでしまった貝は“貝毒”を含んでいる場合があるのです。

とはいっても、何かの毒で貝が死んだわけではありません。
“貝毒”は、貝類が餌として取り入れた有機プランクトンが作り出す成分で、それによって貝自体が死ぬことはないのです。
ただし、人体に対しては毒性を持ちます。

フグ毒(テトロドトキシン)と似たような症状が出る“麻痺性貝毒”は、食後30分から1時間もすると吐き気や痺れなどに襲われ、最悪の場合は呼吸麻痺によって死に至る怖いものだそうです。
加熱処理で死滅する通常の細菌類とは異なるため、注意を要します。

死に至るほどではなくとも、“下痢性貝毒”や“神経性貝毒”など、危険な毒性を持つことも多いといいます。
加熱した後も閉じたままの貝を食べてはいけないというのは、それだけの危険が考えられるからです。
また、万が一、貝を食べた後で吐き気や下痢などの症状が出たようなときは、やはり、すみやかに医師の診察を受けるのが最善策といえます。

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

コメントをどうぞ

You must be logged in to post a comment.