» 読む? 食べる?

2015/2/23 月曜日

読む? 食べる?

Filed under: 未分類 — アートメモリー @ 0:38:24

【魚へん】に【青】と書いて【さば】、スズキ目・サバ亜目・サバ科の魚です。
ドコサヘキサエン酸(DHA)や エイコサペンタエン酸(EPA)などの不飽和脂肪酸が多く含まれ、健康に良いとされます。
反面、鯖の生き腐れといわれるように鮮度が落ちやすいこと、また寄生虫のアニサキスを持っている場合があることなどから、生で食べる際には注意を要します。

“実年齢より若く偽ること”を俗に『鯖を読む』といわれますが、元々は『品数を誤魔化して数え、不当な利益を得る』ことで、魚市場(いさば)の商人同士の駆け引きから発生した表現です。
ことの始まりは魚の鯖ではなく、魚市場、つまり【いさば】からいつのまにか『い』が落ちて『さば』となり、鯖の文字は後から当てはめられたのだそうです。

それぞれの業界には特有の符牒がありますが、魚市場(いさば)も例外ではなく、『いさば読み』という特有の数の数え方をします。
魚市場の商人が魚の数を誤魔化したことから、この『いさば読み』が 大雑把で いいかげんな数の数え方という意味に転じ、今では すっかり“年齢を(通常は若く)偽ること”として定着してしまいました。

鯖は古くから食べられてきた魚です。
真偽のほどは定かではありませんが、空海(弘法大師)が旅の途中に商人から鯖を譲ってもらおうとした際、譲らなかった商人が後に罰せられたという逸話も残っています。

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

コメントをどうぞ

You must be logged in to post a comment.