» 2017 » 4月

2017/4/17 月曜日

船に乗り、風に乗り…

Filed under: 未分類 — アートメモリー @ 0:13:03

日本では“菜の花蝶”という別名があるように、モンシロチョウはナノハナ、キャベツ、ダイコンなどのアブラナ科の植物を好みます。
古くは南ヨーロッパに生息していた このチョウは、現在、北アメリカからアジア、オーストラリア、ニュージーランドと、とても広い分布域が特徴です。

モンシロチョウが分布を広げていったのは、キャベツに紛れて船積みされたためではないかと唱えた昆虫学者がいます。
キャベツは地中海沿岸やヨーロッパの西海岸に自生していた植物でしたが、人の手によって栽培品種に改良され、大航海時代の16世紀以降は北アメリカや中国にまで普及した野菜です。

日本への伝来は18世紀初頭といわれます。
このとき、モンシロチョウはキャベツと一緒にやってきたのかもしれません。

また、自力で海を渡って来たという説も有力です。
チョウという昆虫は ときに大群を作って大移動をする性質があり、モンシロチョウも例外ではありません。

1988年7月19日から3日間、中国内陸部の甘粛省の興隆山でモンシロチョウと見られるチョウが夥しい大群を構成し、幅約100メートルにもなる渓谷を埋め、雪のように空を覆いつくしながら移動していったそうです。
【蝶雪】と呼ばれる現象だといいます。

このような群れの一部が偏西風に乗り、かつて日本へ辿りついた可能性も否定はできないようです。

次のページ »