» 2016 » 11月

2016/11/28 月曜日

誤解

Filed under: 未分類 — アートメモリー @ 0:19:05

江戸時代初期の 1654年(承応3年)、長崎へ来日した中国の1人の禅僧が徳川家綱によって京都の宇治に土地を与えられ、黄檗宗の萬福寺を開きました。
この禅僧が隠元で、インゲンマメの名の元にもなっているという説があります。
隠元の来日は黄檗宗を伝える目的でしたが、そのときに持ち込んだマメが、そのまま彼の名にちなんでインゲンマメと呼ばれるようになったというのです。

ところが、実際には隠元が持ち込んだマメはインゲンマメではなく、すでに日本でも食べられていたフジマメという種類のものだったという説が今では有力です。

本当のインゲンマメは中米(メキシコ、ガテマラ、ホンジェラス等)を原産とし、17世紀後期にヨーロッパ全土へ普及していきました。
日本へは中国を経て渡来したといいますが、決して隠元が持ち込んだわけではなかったのです。

大根を漬け込んだタクアンも、平安時代から作られています。
『漬ける』というのは野菜の保存法の1つであることから【たくわえ漬け】とも呼ばれていたため、それが転じてタクアンという名称になっていったのだそうです。
タクアンも また、江戸時代の僧・沢庵が考案したものではなかったのです。

2016/11/14 月曜日

食べられません

Filed under: 未分類 — アートメモリー @ 0:27:48

山形ラーメンを御存知でしょうか。
山形県のラーメン?
もちろん山形県にも御自慢のラーメンはあるでしょうが、ここで申し上げる【山形ラーメン】は全国津々浦々に存在しています。

札幌ラーメン、喜多方ラーメン、博多ラーメンのように、山形県の御当地ラーメンというわけではありません。
元々は【拉麺】と綴る“中華そば”のラーメンではなく、ドイツ語の【Rahmen】です。

これはラーメン構造とも呼ぶ、建築構造形式の 1つです。
梁や柱で構成された鉄筋コンクリート造りや鉄骨造りの建造物で、節点が剛接合(完全に一体化された結合)の骨組みのことをいいます。
骨組み構造にはさまざまな種類があり、梁に相応する部分が山の形に折れ曲がっているものが【山形ラーメン】になります。

主桁と橋脚を剛結構造した橋を【ラーメン橋】といいます。
この『橋』の読み方は『はし』ではなく、『鉄橋』『橋脚』と同様に『キョウ』です。
『らーめんばし』では、まるで名物ラーメン屋街へ通じる橋のように聞こえてしまいますね。

次のページ »