» 2015 » 3月

2015/3/23 月曜日

4:3:2:1

Filed under: 未分類 — アートメモリー @ 0:27:06

「美女を2000人も集めると、半数以上がA型とO型」
そう言えば『そんな馬鹿な』と思うでしょうが、事実です。

美女の半数以上がA型とO型???
B型とAB型は不細工ばかりなのか???

そうではありません。
よく知られているように、日本人は“4:3:2:1”という比率でA・O・B・ABの各血液型が分布しています。
20〜30人程度では偶然の偏りも否めませんが、集合の頭数が増えるほどにこの比率は顕著になります。
一般に統計として取るに足りる数は2000だとされるため、美女を2000人集めれば約800人がA型、約600人がO型となっても至って当然なわけです。
確かに半数以上にはなります。
対象が“美男”でも“新幹線利用者”でも、結果は同様になるはずです。
「全花見客の中にAB型は1割程度しかいない」
と言っても事実でしょうが、『もっとも花見をしないのがAB型である』ということではありません。

面白いことに植物にもヒトの血液型と同じ成分があります。
ABO式のヒトの血液型(厳密には赤血球の型)は、凝集素による分類です。
抗A凝集素を持つ者がA型、抗B凝集素を持つ者がB型、両方を持つ者がAB型、両方を持たない者がO型となります。
約10%の植物が組織液に同じ凝集素を持っているそうです。
ただし、植物の組織液がヒトの血液(赤血球)の代用にはなりません。

2015/3/9 月曜日

水辺へ

Filed under: 未分類 — アートメモリー @ 0:31:02

梅の花が咲き、桜の開花予報も出る季節となりました。
まだまだ気温の低い日もありますが、春は確実に近づいてきている今日この頃です。

旧暦(太陰暦)では3月が今の4月、場合によっては5月の始め頃にもなります。
『水温む春』というように、古代の人はこの季節になると野山の川や池、海岸などへ出向いて水に浸かり、体を清めました。
この、冬の間の垢落としの水浴は【浴:ゆあみ】と呼ばれるものでした。
最初は【湯浴み】ではなかったというわけです。
後年になって湯を沸かして風呂に入る習慣が定着してからも、御馳走を携え、誘い合って海や山へ出かけたり、河川敷で煮炊きをしたりする、現代でいうピクニックやミニキャンプのような行楽行事として水辺へ出かけていったといいます。

貝を拾い、薬草を摘み、花を眺めるこれらの行楽は、後に《磯遊び》《野遊び》《山遊び》と呼ばれるようになりました。
3月3日の桃の節句や4月8日の花祭りの頃にそういった行事を催す地方は多く、元来は農耕の開始時期の前に野山へ籠もり、田畑の祭神としての資格を得るために物忌みの生活を送る儀式だったともいわれます。
現在の花見、潮干狩りも、その名残であると考えられているようです。

次のページ »