» 2011 » 2月

2011/2/14 月曜日

ペンギンと大陸移動

Filed under: 未分類 — アートメモリー @ 0:14:12

野生のペンギンは南極大陸沿岸から南緯40度前後までの寒冷な地域に棲息しています。
寒冷地帯を生活の場とする生物でありながら、北極近辺にはまったく見られません。
理由を解き明かすには遥か3億年以上もの時間を遡る必要があります。

3億年前、地球上に存在したのはパンゲア大陸1つだけでした。
大陸移動により北のユーラシア大陸と南のゴンドワナ大陸に分かれますが、分裂後の南側の大陸に獰猛な肉食獣がいなかったのです。
肉食獣が分裂前から南側に棲息していなかったのか、あるいは分裂後に絶滅してしまったのか、その点については未だに不明です。
どちらにしても、北半球で肉食獣に捕食されて途絶えてしまった種も、南半球では生き残ることができました。

ペンギンの祖先も南米大陸南端部やオーストラリア大陸、また南極大陸といった寒流の流れ込む海に棲息し、水中生活に適応する進化を重ねて今日に至っています。
現在の生息地は温帯や亜熱帯付近にまで広がっているものの、寒流が流れる地域です。
潜水、遊泳に適合した形状の翼を得たペンギンは、どの種も空を飛ぶことはできません。
したがって北半球へ飛んで行って棲息地を広げることができないうえ、進化の過程で寒流にのみ適した身体になっているため、水温の高い海域を泳いで北半球へ移動することも不可能なのです。

次のページ »