» 2009 » 6月

2009/6/8 月曜日

椅子の下

Filed under: 未分類 — アートメモリー @ 0:52:02

ニュース映像などで目にする国会の本会議場。
国会には衆議院と参議院があり、その本会議場も別々になっていることは周知の事実です。

両者の造りはとてもよく似ていて、どちらの会議場も議員が座る椅子は映画館のように座る部分を折りたたむタイプになっています。
机の上には議員の氏名が記載された札があり、出席すると札を立てるわけです。

しかし衆議院と参議院の本会議場には、テレビには映らない部分で大きな違いがありました。

衆議院の本会議場の椅子の下には、防災頭巾の入った袋が備え付けられているそうです。

明かりとりのためにはめ込まれた天井のステンドグラスが、地震などで壊れた場合、ガラスの破片が降り注いできてしまいます。
そこで衆議院事務局の提案により、1986年(昭和61年)6月から議席に防災頭巾が備え付けられるようになったのだということです。

参議院の本会議場の天井にはステンドグラスはなく、その点は大丈夫だろうということで、防災頭巾は備え付けていません。

次のページ »