インフォメーション:壇像(だんそう)の伝説と経典

数珠top
何故、白檀の仏像が尊いのか?

『栴檀は双葉より芳し』といわれる栴檀は、白檀の別称です。
古くから香りの良い木として知られる白檀は、その香りの気高さからも、仏像の素材に用いられています。
香木の特性を際立たせるため、装飾には金泥書や切金などの仕上げを施します

香木(白檀・栴檀)を素材に用いた仏像、素材の香りを生かすため仕上げは素地を基本とし、装飾に切金などで用い金箔や彩色で素材を全て塗りつくすことがないことが特徴。


  • 総白壇 六角台座 座釈迦唐草御光2.0号

    価格  144,900円

  • 総白壇 六角台座 座弥陀唐草御光2.0号

    価格  時価


  • 総白壇 六角台座 座釈迦 唐草御光 2.0号

    総白檀 丸木瓜台 聖観音 宝珠光背 金泥付

    制作終了

  • 総白檀 不動明王 金泥書3.5号

    価格  143,325円


  • 総白檀 日蓮 金泥書1.8号

    価格  126,420円

釈迦が亡き母である摩耶夫人(まやぶにん)への報恩のため三ヶ月間不在だったこのとき コーサンビーのウダヤマうでん王は釈迦を思募するあまり栴檀の香木を用いて釈迦の像を造ったことが著名である(京都・清涼寺の釈迦如来立像はうでん王の伝来の伝承をもつ)仏像の起源説法では、黄金とともに栴檀の木で像を作ったのが仏像の始まりとされている。

仏説十一面観音経典上(1)では、白栴檀を用いて像をつくるのが一番尊い仏像と規定されている。

日本で現存する中国唐時代の著名な壇像

法隆寺:九面観音像(国宝) 金剛嶺寺:枕本尊(国宝)

輸入香木に日本で彫刻を施した著名な壇像

京都・峰定寺:千手観音像(重文)

香木が生育しない北アジアでは壇像を意識した仏像制作され著名な壇像

奈良・室生寺:弥勒菩薩立像(重文) 奈良・霊山寺:十一面観音立像(重文)

※経典上(1)では栢木(かや)を代用材に用いることが記されている。

このように素質が仏像の価値(利益)を決定するという観点から考えれば、古来から重視されていたご神体としての霊木や、資材そのものに霊木があった木から仏像が造られた背景を考慮し壇像を尊仏として、白檀像が広く愛され尊ばれていることが理解できる。

ビャクダン科の半寄生常緑高木、インドネシア原産でインド・マレーシヤで栽培されている。
日本では香木は生育しない土地柄なので、全て輸入品。
常夏の国では多種多様の芳香植物が豊富に育成、古来からインドの裕福な階層の家庭では、リフレッシュ感と清潔感得るため入浴、マッサージなどで身辺に大切に香りが取り入られていた。
インドでは昔から、暑さで遺体が傷みやすいため火葬の習慣があり、沈香・白檀などの香料を燃やし、もうもうとした香煙の中で晴れ晴れと死者が天に昇れるように祈りました。
このような習慣がインドに誕生した仏教に影響を与え、仏像や先祖の霊の前で香を炊くようになったといわれている。

香木の木は 漢訳辞典では材の木肌の色(壇色)によって識別された。

赤色 赤栴檀または牛頭栴檀
黒色 紫丹
白色 白檀

心材は黄白色で芳香が強く、黄壇と呼んで上等とされた。

「日本書記」では594年、淡路島に長さ2メートルの香木が漂着し島人が槇代わりにかまどの火の中に投げ込んだところすばらしい香りを発しためこの木を宮中に献上したと記されいる。
「聖徳太子伝歴」ではこの故事にふれ、「聖徳太子がその献上された木をすぐに沈香木を見分け、この一部で仏像を彫り、残りを法隆寺におさめた」と書き加えられ、この沈香が607年法隆寺が建てられた時奉納された日本最古の香木「法隆寺」です。

  営業時間と定休日について
営業時間 午前10時〜午後6時
定休日は土・日・祝祭日
※休日に頂きました注文 お問い合わせのメールは休み明けに返信致します。
  発送ついて
商品の在庫がある場合、ご注文頂いた日から3営業日以内に発送致します。受注生産商品に関しましては2週間程度を要する場合もございます。
  お届け日・時間の指定
ご希望のお届け日時を注文時にご指定下さい。(より詳しく)
  送料について
ポスト投函されるメール便 200円
宅配便 500円〜600円(地域によって異なります)
海外発送希望の方は直接お問い合わせ下さい。(より詳しく)
  個人情報厳守します
ご購入時に入力いただいたお客様の個人情報は、弊社の業務目的以外に使用しません。個人情報データは弊社が責任持って安全に管理・保管しております。(より詳しく)
  掲載写真・商品について
写真はイメージです。お客様がご覧いただく環境などにより掲載商品の色調など、実際の商品と異なる場合がございます。ご了承ください。
  お支払いについて
銀行振込・郵便振替・代金引換(メール便不可)・下記クレジットカードがご利用いただけます。(より詳しく)

  手数料について
銀行振込・郵便振替料・代引き手数料はお客様負担となります。
  返品について
・商品到着後10日以内にご連絡下さい。
・開封後の商品の返品はご容赦下さい。
・お客様の都合による返品手数料はご負担頂きます。
  領収書について
・クレジットカード …カード会社が発行する「ご利用明細書」が領収証となります。
・代金引換…各社が発行する「お客様控え」が領収書となります。
・郵便振替/銀行振込…ご入金時に発行される控えが領収書となります。
  お問合せ先
購入方法や商品に対する質問等がございましたらお問い合わせください。
E-Mail:info@artmemory.co.jp
TEL 03-3388-8266 FAX 03-3388-8268
(午前10時〜午後6時) 土日・祝休み
  営業カレンダー
Calendar Loading

 … 本日   … お休み