アートメモリーのブログ、お経と釈迦のエントリー

数珠top

お経と釈迦

お経という言葉は、バラモン教で用いられていたもので
サンスクリット語で「スートラ」、仏教独自のことばではありません。
スートラの意味は、家庭から国家にいたるまでの、さまざまな規則や規定を記した聖典類のことを指したものでこれを中国では音訳して「修多羅」としたり、儒教の「五経」(ごきょう)と呼ばれ 「経」と訳したのです。
仏教は日本に中国経由で入ってきたので「経」ということばで定着、使用されるよになりました。

 経は「たて糸」「すじみち」「つね」と意味があるように、織物の縦糸がまっすぐ整然と並び、真理を意味し、真理を述べた聖典を経典と呼ぶようになりました。

お経が最初につくられたのは、釈尊がお亡くなりになった年(紀元前四八六)の夏。
阿闍世王の保護のもとに釈尊の五百人のお弟子たちが王舎城の七葉窟に集まり、
そこでお弟子の一人・阿難が記憶を頼りに語ったのを、摩訶迦葉を頭にしてそれぞれみ教えを受けた
大勢のお弟子たちが、それぞれに聞かれたものとを照合してまとめあげたのが仏典結集と伝えれています。
このときに伝えられた釈尊の教えが、現在の経典の原型とされています。

お経が「如是我聞」とか「我聞如是」の形で始まるのは、お経が結集されたときに阿難が
「私はこのように(釈尊から)聞きました」といって、釈尊が説かれたところを述べたからです。
阿難は多聞第一といわれ記憶力に優れた方で、釈尊のそばにいつも従っていた高弟です。
この結集のときにまとめられたお経を、伝承された経典という意味で「阿含経」といいます。


大乗経典は、釈尊のみ教えを展開する意味で、「如是我聞」の形式を具えた仏説として説かれました。
初期の大乗仏典には、「般若経」「維摩経」「華厳経」「法華経」「無量寿経」などがあり、
紀元200年ころに、竜樹が、「中論」「大智度論」など般若(智慧)と空を説く論書をつくりました。
中期には「解深密教」「如来蔵経」「涅槃経」「勝鬘経」「入楞枷経」。
紀元後600年以降の後期には「大日経」「金剛頂経」諸陀羅尼などの密教経典が生まれました。

現在私たちが「お経」というのは、これらの総称で別名「大蔵経」とか「一切経」と呼ばれ
「大正新脩大蔵経」によると十の部門に分類され、合計1,460部、4,225巻になります。


日時:2013年02月13日 16:01
  営業時間と定休日について
営業時間 午前10時〜午後6時
定休日は土・日・祝祭日
※休日に頂きました注文 お問い合わせのメールは休み明けに返信致します。
  発送ついて
商品の在庫がある場合、ご注文頂いた日から3営業日以内に発送致します。受注生産商品に関しましては2週間程度を要する場合もございます。
  お届け日・時間の指定
ご希望のお届け日時を注文時にご指定下さい。(より詳しく)
  送料について
ポスト投函されるメール便 200円
宅配便 500円〜600円(地域によって異なります)
海外発送希望の方は直接お問い合わせ下さい。(より詳しく)
  個人情報厳守します
ご購入時に入力いただいたお客様の個人情報は、弊社の業務目的以外に使用しません。個人情報データは弊社が責任持って安全に管理・保管しております。(より詳しく)
  掲載写真・商品について
写真はイメージです。お客様がご覧いただく環境などにより掲載商品の色調など、実際の商品と異なる場合がございます。ご了承ください。
  お支払いについて
銀行振込・郵便振替・代金引換(メール便不可)・下記クレジットカードがご利用いただけます。(より詳しく)

  手数料について
銀行振込・郵便振替料・代引き手数料はお客様負担となります。
  返品について
・商品到着後10日以内にご連絡下さい。
・開封後の商品の返品はご容赦下さい。
・お客様の都合による返品手数料はご負担頂きます。
  領収書について
・クレジットカード …カード会社が発行する「ご利用明細書」が領収証となります。
・代金引換…各社が発行する「お客様控え」が領収書となります。
・郵便振替/銀行振込…ご入金時に発行される控えが領収書となります。
  お問合せ先
購入方法や商品に対する質問等がございましたらお問い合わせください。
E-Mail:info@artmemory.co.jp
TEL 03-3388-8266 FAX 03-3388-8268
(午前10時〜午後6時) 土日・祝休み
  営業カレンダー
Calendar Loading

 … 本日   … お休み