アートメモリーのブログ、2012年04月のアーカイブ

数珠top
« 2012年03月 | 仏像のTOPへ | 2012年05月»

虎関師錬とは


虎関師錬(こかんしれん)とは鎌倉時代後期〜南北朝時代の臨済宗の禅僧で、諡号は本覚国師といます。
1285年に京都・三聖寺の東山湛照に師事し、10歳のときに比叡山で受戒しました。後に東福寺、南禅寺の住持を務めました。
代表的な著作として『元亨釈書』、『仏語心論』、『済北集』、『十禅支録』などがあげられ、五山文学の第一人者でもあります。


2012年04月29日

康誉とは


康誉(こうよ)とは鎌倉時代末から南北朝時代にかけて活躍した慶派仏師です。
主な事績としては福岡・大興禅寺如意輪観音像、大分・岳林寺釈迦如来像、栃木・遍照寺大日如来像などがあげられます。


2012年04月28日

康猶とは


康猶(こうゆう)とは安土桃山時代・江戸時代前期に活躍した仏師です。
康正の子であり康音・康知の父です。
関東における徳川幕府関連の造像が多く、主な事績としては日光東照宮の造像、日光輪王寺造像、寛永寺五重塔四仏などがあげられます。


2012年04月27日

幸有とは


幸有(こうゆう)とは鎌倉時代中期に活躍した仏師で、鎌倉仏師の祖とされる人物です。
慶派・後藤家家系図によると運慶・湛慶に次ぐ第三代とされています。
著名な作品としては神奈川・円応寺初江王坐像などがあげられます。


2012年04月26日

高野四所明神とは


高野四所明神(こうやししょみょうじん)とは高野山の鎮守として天野神社に祀られる地主神であり、真言密教の護法神です。
高野山開創のおりに空海は丹生都比売明神と狩場明神により伽藍地を得たとされています。
そして平政子が気比明神、厳島明神を勧請し高野四所明神は成立したとされています。


2012年04月20日

光明本尊とは


光明本尊(こうみょうほんぞん)とは浄土真宗に伝わる師資相承を図示し、その法脈の正当性をあらわした原初本尊です。
念仏の教えが釈迦如来から仏菩薩、先徳を通じて伝わる法脈を図示しており、初期真宗の分立時代に数多く制作されています。


2012年04月19日

光明皇后とは


光明皇后(こうみょうこうごう)とは、聖武天皇の皇后であり、藤原不比等の第三女です。
亡父母の菩提を祈り、一切経を二度にわたり発願するなど仏教に深く帰依していたことが知られています。
また、皇后宮職に施薬院や悲田院を置くなど社会事業にも熱心でありました。


2012年04月17日

降魔成道とは


降魔成道(ごうまじょうどう)とは、釈迦が菩提樹のもとで悟りをひらこうとしたときに、魔羅(マーラ)が様々な魔衆を引きつれ、それを妨害しようとしたのを、釈迦によって降伏させられた伝説のことをいいます。
これを扱ったものは、仏伝図のなかでも重要な場面として独立してあらわされるものが多く、多くの作例が遺されています。


2012年04月16日

孔望山磨崖とは


孔望山磨崖(こうおうさんまがい)とは、中国江蘇省・孔望山の上にある仏教磨崖石刻です。
世俗生活をあらわすもの以外にも、涅槃図・捨身飼虎図・仏立図・仏坐像・供養者像などがあります。


2012年04月14日

高峰顕日とは


高峰顕日(こうほうけんにち).とは鎌倉時代後期の禅僧で、後嵯峨天皇の皇子といわれています。
東福寺の円爾弁円のもとで出家し、鎌倉・建長寺の十四世となったほか、下野那須・雲巌寺の開山でもあります。
諡号は仏国禅師・仏国応供広済国師であり、夢窓疎石・天庵妙受などが弟子としています。


2012年04月13日

康弁とは


康弁(こうべん)とは鎌倉時代前期の仏師で、慶派仏師です。
教王護国寺南大門の仁王像の造像に参加し、中門二天・西方天を湛慶、運賀とともに担当しました。
また、興福寺北円堂諸仏の造立では四天王・広目天像を担当しました。


2012年04月12日

高文進とは


高文進(こうぶんしん)とは北宋初期の人物画家です。
祖父の代から三代にわたり、前蜀・後蜀・北宋の宮廷画家としてつかえました。
大相国寺・玉清昭応宮をはじめとして、数多くの寺院の壁に仏画を描きました。


2012年04月11日

康朝とは


康朝(こうちょう)とは平安時代後期の奈良仏師であり、康助の子もしくは弟子といわれています。
鳥羽院御願の鳥羽金剛心院釈迦堂の丈六釈迦三尊像を康助とともに制作し、法橋に叙され、さらには後白河上皇御願の蓮華王院千体千手観音像の造像により法眼となりました。


2012年04月08日

香水杓とは


香水杓(こうずいしゃく)とは、香水(仏前に供えられる清浄な水)をたらし供養するための具のことです。
そのかたちは壺と呼ばれる急須形に長柄をそなえたものです。


2012年04月07日

康尚とは


康尚(こうじょう)とは平安時代後期に活躍した仏師であり、定朝の師・父であるだろうとされています。
寺院から独立し私工房を持ち、多様な造像に応じた、手工業的な仏師の祖といわれています。
また、その事績には藤原行成や藤原道長および宮廷関係の造像が多くあります。


2012年04月06日

康勝とは


康勝(こうしょう)とは、鎌倉時代前期に活躍した慶派仏師で、運慶の四男にあたります。
運慶統率化の教王護国寺南大門仁王像造立に携わったのが記録上の初出であり、代表的な遺作に、法隆寺金堂銅造阿弥陀如来坐像、教王護国寺弘法大師像、京都・六波羅蜜寺空也上人像などがあります。


2012年04月05日

康正とは


康正(こうしょう)とは安土桃山時代から江戸時代前期にかけて活躍した仏師です。
康秀の子であり、康猶の父といわれています。
安土桃山〜江戸前期を代表する仏師であり、その事績は多岐にわたることで知られています。
代表作として京都・教王護国寺金堂の丈六薬師三尊像(1603)が挙げられます。


2012年04月04日

康助とは


康助(こうじょ)とは平安後期に活躍した仏師です。
頼助の子であり、康朝の父もしくは師といわれています。
興福寺を拠点とする奈良仏師として知られており、特に縁の深かった藤原忠実を介し後鳥羽上皇関係の造像にもおおくたずさわりました。


2012年04月03日

康俊とは


康俊(こうしゅん)とは鎌倉末期から南北朝時代にかけ活躍した仏師です。
康成の父にあたり、1315年から1369年にかけ、遺作17件を含む21件が事績として知られています。


2012年04月02日
  営業時間と定休日について
営業時間 午前10時〜午後6時
定休日は土・日・祝祭日
※休日に頂きました注文 お問い合わせのメールは休み明けに返信致します。
  発送ついて
商品の在庫がある場合、ご注文頂いた日から3営業日以内に発送致します。受注生産商品に関しましては2週間程度を要する場合もございます。
  お届け日・時間の指定
ご希望のお届け日時を注文時にご指定下さい。(より詳しく)
  送料について
ポスト投函されるメール便 200円
宅配便 500円〜600円(地域によって異なります)
海外発送希望の方は直接お問い合わせ下さい。(より詳しく)
  個人情報厳守します
ご購入時に入力いただいたお客様の個人情報は、弊社の業務目的以外に使用しません。個人情報データは弊社が責任持って安全に管理・保管しております。(より詳しく)
  掲載写真・商品について
写真はイメージです。お客様がご覧いただく環境などにより掲載商品の色調など、実際の商品と異なる場合がございます。ご了承ください。
  お支払いについて
銀行振込・郵便振替・代金引換(メール便不可)・下記クレジットカードがご利用いただけます。(より詳しく)

  手数料について
銀行振込・郵便振替料・代引き手数料はお客様負担となります。
  返品について
・商品到着後10日以内にご連絡下さい。
・開封後の商品の返品はご容赦下さい。
・お客様の都合による返品手数料はご負担頂きます。
  領収書について
・クレジットカード …カード会社が発行する「ご利用明細書」が領収証となります。
・代金引換…各社が発行する「お客様控え」が領収書となります。
・郵便振替/銀行振込…ご入金時に発行される控えが領収書となります。
  お問合せ先
購入方法や商品に対する質問等がございましたらお問い合わせください。
E-Mail:info@artmemory.co.jp
TEL 03-3388-8266 FAX 03-3388-8268
(午前10時〜午後6時) 土日・祝休み
  営業カレンダー
Calendar Loading

 … 本日   … お休み