アートメモリーのブログ、2012年02月のアーカイブ

数珠top
« 2012年01月 | 仏像のTOPへ | 2012年03月»

元慶とは


元慶(げんけい)とは、江戸時代の仏師です。
もとは京都の仏工でしたが1669年に大阪瑞竜寺の鉄眼道光につき出家し、松雲元慶と号しました。
十数年をかけ、等身大の五百羅漢像を独力でつくり、それをおさめる五百羅漢寺を江戸本所に創建しました。


2012年02月25日

賢円とは


賢円(けんえん)とは、平安後期の仏師であり、円派仏師のひとりです。
円勢の二男であり、長男の長円とともに活躍し、法印位に就きました。円勢は院政期にもっとも権威のあった仏師として知られています。
賢円作とされている作品としては、京都・安楽寿院にのこる、阿弥陀如来坐像(重要文化財)などがあります。


2012年02月24日

蹴彫とは


蹴彫(けりぼり)とは彫金技法のひとつで、平鏨を縦に用い、刃を軽く浮かせるように鏨の角で表面を蹴るようにうちこんでゆく線刻法です。
日本には古くから伝えられたことが知られており、三重・金剛証寺蔵の線刻阿弥陀像などが有名です。


2012年02月23日

華鬘とは


華鬘(けまん)とは、サンスクリット語で「クスママラ」といい花輪のことをあらわします。
インドでは生花を編み、首にかける装身具としたり、貴人を迎える際に花輪をおくる慣習がありました。
これが仏教に取り入れられ、仏供養として仏像の手や頸に花輪がかけられました。
これが仏殿の荘厳具へと変化し、恒久性を持たせるため生花から木板・牛皮・玉・金属などでつくられるようになりました。


2012年02月18日

化仏とは


化仏(けぶつ)とは、衆生の教化・救済のために、仏や菩薩が相手に応じ、姿を変えた状態のことをいい、「変化仏」・「応化仏」ともいわれます。
また、仏身論的には、その存在は応身・化身といいます。


2012年02月17日

月江正印とは


月江正印(げっこうしょういん)とは、中国の元代の禅僧です。
臨済宗松原派の虎厳浄伏の法嗣で、明極楚俊・南楚師説・即休契了と同門です。
多数の入元僧がその会下に参じ、法語・偈頌などを持ち帰ったため、多くの墨跡がわが国に伝存しています。


2012年02月16日

華厳宗祖師絵伝とは


華厳宗祖師絵伝(けごんしゅうそしえでん)とは、京都市右京区梅ヶ畑栂尾町・高山寺所蔵の、新羅の高僧元暁と義湘の行状を描く高僧絵伝の総称です。
華厳縁起との呼び名もあります。
制作は1230年前後とされ、詫間俊賀や恵日房成忍らが筆者と推定されています。


2012年02月15日

華厳三聖とは


華厳三聖(けごんさんしょう)とは、華厳経における三聖者のことをいいます。
華厳の教主である毘盧遮那仏と文殊菩薩、普賢菩薩です。
有名な作例としては、中国の杭州飛来峰の宋代の石刻浮彫華厳仏会像などがあります。


2012年02月13日

慶派とは


慶派(けいは)とは、鎌倉時代初期の康慶からはじまる仏師の一派のことです。
その息子・運慶や弟子・快慶など、慶派様式を確立し、鎌倉彫刻の主流の一翼を担いました。
その名前に「慶」の字がつく場合が多いので、慶派仏師と呼ばれました。


2012年02月12日

クルックラーとは


クルックラーとはインド・チベット・ネパールで崇拝された女性尊で、異性の愛を射止める敬愛法の本尊として成立したといわれています。
ターラー菩薩と関連が深くネパールでは赤色ターラーとも呼ばれました。


2012年02月11日

鞍作止利とは


鞍作止利(くらつくりのとり)とは七世紀前半(飛鳥時代)に活躍した仏師です。
鞍作部は渡来系の技術者集団で、祖父の鞍作村主司馬達等、父の鞍作多須奈、叔母の嶋女らはいずれも熱心な仏教信者として歴史に名を残しています。
蘇我氏の配下にあり、蘇我馬子発願の法興寺の造営に際し、銅仏と繍仏の丈六釈迦像の制作に従事したといわれています。


2012年02月10日

鳩摩羅天とは


鳩摩羅天(くまらてん)とは、ヒンドゥー教のシヴァ神の息子である「クマーラ」が仏教に取り入れられ護世天となったもので、倶摩羅天とも表記されます。
クマーラとは童子を意味し、孔雀に乗った少年神のすがたであらわされることが多数です。


2012年02月09日

クベーラとは


クベーラとは毘沙門天の原形といわれる、インドの夜叉神です。
ヴァイシュラヴァナという名もあり、これが漢訳され「多聞天」となり、音写され「毘沙門天」となりました。
インドでは、戦闘の神というより、財運や豊穣の神として信仰されていました。


2012年02月08日

首ほぞとは


寄木造りで仏像をつくる場合、頭部と体部を別々につくることが多くありますが、その際に頭部と体部を接合するための部分を首ほぞといいます。

これにたいし、頭部と体部を同じ木でつくり、その後、頭・体部を割り放つ技法を割首といいます。


2012年02月02日

紅頗梨色阿弥陀如来とは


紅頗梨色阿弥陀如来(ぐはりじきあみだにょらい)とは「無量寿如来供養法次第」に基づく真言系の阿弥陀如来で、紅頗梨秘法の本尊となります。
その肉身を紅頗梨色とすることからこの名前がつけられています。
作例として、高野山・桜池院蔵、京都・知恩院蔵などがあります。


2012年02月01日
  営業時間と定休日について
営業時間 午前10時〜午後6時
定休日は土・日・祝祭日
※休日に頂きました注文 お問い合わせのメールは休み明けに返信致します。
  発送ついて
商品の在庫がある場合、ご注文頂いた日から3営業日以内に発送致します。受注生産商品に関しましては2週間程度を要する場合もございます。
  お届け日・時間の指定
ご希望のお届け日時を注文時にご指定下さい。(より詳しく)
  送料について
ポスト投函されるメール便 200円
宅配便 500円〜600円(地域によって異なります)
海外発送希望の方は直接お問い合わせ下さい。(より詳しく)
  個人情報厳守します
ご購入時に入力いただいたお客様の個人情報は、弊社の業務目的以外に使用しません。個人情報データは弊社が責任持って安全に管理・保管しております。(より詳しく)
  掲載写真・商品について
写真はイメージです。お客様がご覧いただく環境などにより掲載商品の色調など、実際の商品と異なる場合がございます。ご了承ください。
  お支払いについて
銀行振込・郵便振替・代金引換(メール便不可)・下記クレジットカードがご利用いただけます。(より詳しく)

  手数料について
銀行振込・郵便振替料・代引き手数料はお客様負担となります。
  返品について
・商品到着後10日以内にご連絡下さい。
・開封後の商品の返品はご容赦下さい。
・お客様の都合による返品手数料はご負担頂きます。
  領収書について
・クレジットカード …カード会社が発行する「ご利用明細書」が領収証となります。
・代金引換…各社が発行する「お客様控え」が領収書となります。
・郵便振替/銀行振込…ご入金時に発行される控えが領収書となります。
  お問合せ先
購入方法や商品に対する質問等がございましたらお問い合わせください。
E-Mail:info@artmemory.co.jp
TEL 03-3388-8266 FAX 03-3388-8268
(午前10時〜午後6時) 土日・祝休み
  営業カレンダー
Calendar Loading

 … 本日   … お休み