勢至菩薩

数珠top

仏像の通販購入は当店へ

会社概要 送料・お支払 ご利用ガイド お問い合わせ
文殊菩薩

 

午年生れの守護本尊。

勢至菩薩は観世音菩薩と共に阿弥陀如来の脇侍として並び阿弥陀三尊を形成します。
観世音菩薩が慈悲の立場から人々を救うのに対し、勢至菩薩は智恵の光を以ってあまねく一切を照らし、人々を迷いや苦しみから救います。
冠に宝瓶を乗せた姿が特徴です。
勢至菩薩についての続き

平成26年午年(2014年)の年男・年女




  • 勢至菩薩像

    価格  521,640円

  • 二尺三寸勢至菩薩

    価格  423,900円

  • 勢至菩薩像

    価格  356,400円


  • 勢至菩薩

    価格  313,200円

  • 勢至菩薩 純金製 御守小判

    価格  50,760円

  • 勢至菩薩

    価格  31,320円


  • 勢至菩薩

    価格  20,412円

  • 勢至菩薩銀製ペンダント

    価格  18,360円

  • 勢至菩薩 厨子入

    価格  15,552円


  • 銀製 梵字指輪 サク(午)

    価格  時価


   

関連カテゴリー



勢至菩薩(梵名マハースターマプラープタ)は正式には大勢至菩薩といい、知恵の偉大な力で人々の迷いを除く菩薩である。
観音菩薩とともに阿弥陀如来の脇侍となり、阿弥陀三尊を形成することで知られている。
この場合、観音菩薩とほぼ同様の姿勢であるが、観音が宝冠の正面に阿弥陀化仏を標識として付けるのに対し、勢至菩薩は水瓶を表すのが特徴である。

『観無量寿経』に説かれるが、観音の慈悲に対して「知恵の光を持ってあまねく一切を照らして人々を救済するため、単独では観音菩薩ほどまでに信仰の対象とはなっていないせいか、独尊像は少ない。

また、浄土信仰の高まりとともに流行した来迎形式の阿弥陀三尊の場合では、観音菩薩が死者の霊をのせる蓮台を持つ姿に、勢至菩薩が合掌をする姿で作られ、その姿勢には立像・坐像のほかに、京都・三千院像のように跪像(きぞう=ひざまづいた姿)も見られる。
さらに中世には長野・善光寺の阿弥陀三尊への信仰が広がり、各地で善光寺式阿弥陀三尊と呼ぶ摸刻像が制作されるが、この場合、観音・勢至の両脇侍像は両手を胸前で合わせる古様の姿に作られる。
一方、密教では八大菩薩の一つとして、また現図胎蔵界曼荼羅では観音院に属する。
  営業時間と定休日について
営業時間 午前10時〜午後6時
定休日は土・日・祝祭日
※休日に頂きました注文 お問い合わせのメールは休み明けに返信致します。
  発送ついて
商品の在庫がある場合、ご注文頂いた日から3営業日以内に発送致します。受注生産商品に関しましては2週間程度を要する場合もございます。
  お届け日・時間の指定
ご希望のお届け日時を注文時にご指定下さい。(より詳しく)
  送料について
ポスト投函されるメール便 200円
宅配便 500円〜600円(地域によって異なります)
海外発送希望の方は直接お問い合わせ下さい。(より詳しく)
  個人情報厳守します
ご購入時に入力いただいたお客様の個人情報は、弊社の業務目的以外に使用しません。個人情報データは弊社が責任持って安全に管理・保管しております。(より詳しく)
  掲載写真・商品について
写真はイメージです。お客様がご覧いただく環境などにより掲載商品の色調など、実際の商品と異なる場合がございます。ご了承ください。
  お支払いについて
銀行振込・郵便振替・代金引換(メール便不可)・下記クレジットカードがご利用いただけます。(より詳しく)

  手数料について
銀行振込・郵便振替料・代引き手数料はお客様負担となります。
  返品について
・商品到着後10日以内にご連絡下さい。
・開封後の商品の返品はご容赦下さい。
・お客様の都合による返品手数料はご負担頂きます。
  領収書について
・クレジットカード …カード会社が発行する「ご利用明細書」が領収証となります。
・代金引換…各社が発行する「お客様控え」が領収書となります。
・郵便振替/銀行振込…ご入金時に発行される控えが領収書となります。
  お問合せ先
購入方法や商品に対する質問等がございましたらお問い合わせください。
E-Mail:info@artmemory.co.jp
TEL 03-3388-8266 FAX 03-3388-8268
(午前10時〜午後6時) 土日・祝休み
  営業カレンダー
Calendar Loading

 … 本日   … お休み