文殊菩薩

数珠top

仏像の通販購入は当店へ

会社概要 送料・お支払 ご利用ガイド お問い合わせ
文殊菩薩

卯年生れの守護本尊。
『文殊の智恵』という表現であらわされるように、文殊菩薩は智恵を第一につかさどります。
右手には経巻を、左手には智恵の鋭さを示す剣を持ち、人々に悟り深い日々を授け、智恵の威徳を示す獅子に乗ります。
文殊菩薩についての続き
● 国宝 ○ 重文 (文殊菩薩)著名所蔵寺院一覧




  • 二尺三寸文殊菩薩

    価格  680,400円

  • 文殊菩薩

    価格  361,800円

  • 文殊菩薩像

    価格  356,400円


  • 獅子文殊菩薩像

    価格  220,320円

  • 柘植 普賢 文殊 二躰一組

    価格  218,160円

  • 柘植 普賢 文殊 二躰一組

    価格  153,360円


  • 文殊菩薩 純金製 御守小判

    価格  50,760円

  • 文殊菩薩

    価格  31,320円

  • 文殊菩薩

    価格  26,250円


  • 文殊菩薩

    価格  20,412円

  • 文殊菩薩銀製ペンダント

    価格  18,360円

  • 文殊菩薩 厨子入

    価格  15,552円


  • 銀製 梵字指輪 ア(卯)

    価格  時価


   

関連カテゴリー



文殊は文殊師利(梵名マンジュシュリー)の略。
インドで生まれた実在の人物ともいわれ、諸菩薩の中でも特に重要な尊格であり普賢菩薩とともに釈迦如来の脇侍として表され、釈迦三尊を構成する。
その他、「知恵の文殊」や「3人寄れば文殊の知恵」ともいわれるように諸仏の知恵を象徴する菩薩としても著名で、学問成就や受験成就を願う学生が願かけを行うことでも知られている。

諸経典にはさまざまな説話がある。
『維摩(ゆいま)経』には、論客として知られた惟摩居士(ゆいまこじ)が病床にあって釈迦の説法場に参集できなかったため、釈迦が仏弟子たちに見舞いに行くよう命じたところ、論戦を恐れて誰も行きたがらない。
そこで釈迦の名代として文殊菩薩が訪ね、仏法について維摩と論戦を交えたという。
また『旧華厳経』で文殊菩薩の住所を「東北方の清涼山」と説くため、中国では北魏時代(398~534)から山西省五台山が文殊の聖地清涼山に比定されて信仰を集め、やがてその信仰は円仁によって日本にもたれされた。
獅子に乗る文殊に、先導する善財童子、獅子の手綱をとる優填王(うでんおう)、これに仏陀波利三蔵と最勝老人が従う文殊五尊の形式は、特に「五台山文殊」と呼ばれる。
さらに発展して、雲に乗って海を渡り五台山に向かう「渡海文殊」も成立した。
とりわけ天台宗を中心に五台山信仰は盛んになった。
また『法華経』の「提婆達多品(だいばだったぽん)」では、竜王の8歳の娘が文殊菩薩の導きで男身となり、成仏したと説かれる(竜女成仏)。

一方、唐時代には文殊菩薩が知恵と戒律の師としても大いに尊敬を受け、これが僧侶の日常生活の手本として僧形で表された。
これを「僧形(聖僧)文殊」といい、寺内の食堂の本尊とされる事が多い。
鎌倉時代には、戒律を復興し釈迦信仰の重要性を叫んだ叡尊(えいそん)や忍性(にんしょう)らによって重んじられ、貧しい者のために宿を設け、そこに彫像や画像の文殊菩薩が祀られた。
さらに文殊の知恵は童子のように純粋無垢で執着のないことから、童子の姿で表すことも多く、近世には子供の姿をした「稚児文殊」なども制作された。
日本三文殊として、奈良・桜井の安倍文殊院、京都・天橋立の切戸の文殊(智恩寺)、京都・東山の黒谷(金戒光明寺)文殊堂の本尊が知られる。
一般によく知られている文殊菩薩像の形は、その知恵の威力を象徴するため獅子の背上に乗り、蓮華座に坐し、頭に五髻(ごけい・5つのもとどり)を結い、右手に知恵の象徴である剣を取る姿であるが、梵篋(ぼんきょう)、金剛杵(こんごうしょ)を立てた蓮台などを持つこともある。
さらに頭の髻の結び数には五髻のほか1髻・6髻・8髻の文殊があり、それぞれの真言の字数により一字・五字・六字・八字文殊と称するが、一字文殊は増益、五字文殊は敬愛、六字文殊は調伏、八字文殊は息災などの修法の本尊として迎えられる。
文殊菩薩に従う眷属(けんぞく)には、先述の五台山文殊の場合の善財童子・優填王・仏陀波利三蔵・最勝老人と、また八大童子として光網(こうもう)童子(光網菩薩)・宝冠童子(宝冠菩薩)・無垢光童子(無垢光菩薩)・髻設尼(けしに)童子・鳥波髻設尼(うばけしに)童子・質多羅(しったら)童子・地慧幢(ちえとう)童子・請召(しょうじょう)童子をあげることができる。

文殊菩薩の遺例としては、奈良・法隆寺五重塔の初層内に維摩(ゆいま)と文殊の問答の場面を塑像(そぞう)の群像で表したものが、奈良時代の古例。
奈良・興福寺の東金堂にも鎌倉時代の仏師定慶(じょうけい)作の維摩・文殊像がある。
五尊像としての造像は、平安時代の高知・竹林寺像、鎌倉時代の仏師快慶(かいけい)作の奈良・安倍文殊院像などがある。
  営業時間と定休日について
営業時間 午前10時〜午後6時
定休日は土・日・祝祭日
※休日に頂きました注文 お問い合わせのメールは休み明けに返信致します。
  発送ついて
商品の在庫がある場合、ご注文頂いた日から3営業日以内に発送致します。受注生産商品に関しましては2週間程度を要する場合もございます。
  お届け日・時間の指定
ご希望のお届け日時を注文時にご指定下さい。(より詳しく)
  送料について
ポスト投函されるメール便 200円
宅配便 500円〜600円(地域によって異なります)
海外発送希望の方は直接お問い合わせ下さい。(より詳しく)
  個人情報厳守します
ご購入時に入力いただいたお客様の個人情報は、弊社の業務目的以外に使用しません。個人情報データは弊社が責任持って安全に管理・保管しております。(より詳しく)
  掲載写真・商品について
写真はイメージです。お客様がご覧いただく環境などにより掲載商品の色調など、実際の商品と異なる場合がございます。ご了承ください。
  お支払いについて
銀行振込・郵便振替・代金引換(メール便不可)・下記クレジットカードがご利用いただけます。(より詳しく)

  手数料について
銀行振込・郵便振替料・代引き手数料はお客様負担となります。
  返品について
・商品到着後10日以内にご連絡下さい。
・開封後の商品の返品はご容赦下さい。
・お客様の都合による返品手数料はご負担頂きます。
  領収書について
・クレジットカード …カード会社が発行する「ご利用明細書」が領収証となります。
・代金引換…各社が発行する「お客様控え」が領収書となります。
・郵便振替/銀行振込…ご入金時に発行される控えが領収書となります。
  お問合せ先
購入方法や商品に対する質問等がございましたらお問い合わせください。
E-Mail:info@artmemory.co.jp
TEL 03-3388-8266 FAX 03-3388-8268
(午前10時〜午後6時) 土日・祝休み
  営業カレンダー
Calendar Loading

 … 本日   … お休み