アートメモリーの2008年10月のアーカイブ

数珠top
数珠TOPへ | 2008年11月»

重要文化財 弘法大師像の公開


弘法大師が初代住職を務めた京都・神護寺
重要文化財の「大師堂」と「板彫弘法大師像」が公開されます。
10月31日(金)〜11月9日(日)

こけらぶきの大師堂は大師の住居跡で桃山時代の築造
大師像は鎌倉時代に仏師定喜が制作されたと伝えられている
大師が左手に数珠を持ち、右手に五鈷杵を持って行をする様子を
ヒノキ板一枚に彫り上げられています。


2008年10月30日

数珠のはじまり


念仏や陀羅尼の数を数える時は最初は大豆を使ってました。
その頃の数珠は、珠に穴を空けて紐か鎖でつないだだけのもので、
それが念珠や陀羅尼の数を計算するようになって現代の形のようになってきました。
従って数珠は、想念や信念、あるいは念力の念で「願いの珠」ということです。


2008年10月29日

数珠と念珠について


数珠(じゅず)は本来、お経や真言を唱えるときの回数を計るカウンターです。
その必要のない宗派では念珠(ねんじゅ)と呼び、
煩悩を消すために念ずるときの大事なアイテムとなります。

珠の数は108個あるのが基本です。108の数は人間の持つ悩みを表わし、
それぞれ迷いから救って下さる仏様が割り当てられています。

一番大きい珠を母珠または親珠(おやだま)と呼び、
リング状の108個の珠は主珠と呼び少し小さい4個の珠を四天珠(してんだま)合玉と呼び
母珠の隣にある小さい独立した珠を浄明珠と呼び
その先、房の方にある珠を記子(きし)または弟子珠と呼びます。

カウンターとして使う時は、108個を1周するとこの記子を一つ動かします。
記子が二段になっているので、浄明珠も使うと108×10×10×2=21600まで数えられます。


2008年10月27日

仏像の伝来


仏教発祥の地インドでは、当時偶像崇拝の信仰習慣がないバラモン教などの影響ため仏像は作られた形跡がなく釈迦の入滅500年後(1世紀頃)ガンダーラで(現在のアフガニスタン東部、パキスタン北西部)仏像が作られようになりました。4世紀後半〜6世紀には、仏教伝来と同時に仏像も中央アジアを経由中国に伝えられ、紛争問題で爆発されてしまったアフガニスタンのバーミアン大仏はこの頃建造されたものです。
中国では仏教が国家の管理下で繁栄、石窟寺院が多数建造され、仏像の作風もインド式から中国式に変わっていきました。6世紀には朝鮮から日本へ仏教が伝来、同時に仏像も伝えられ7世紀には多くの寺院仏像が国策で作られるようになりました。

このような仏像の歴史をガンダーラ〜中国〜日本各地の貴重な代表作仏像を展示した
「仏像の道(インドから日本へ)」東京国立博物館特別陳列室は価値ある内容です。


2008年10月24日

世界の数珠


数珠のことをサンストリック語(梵語)では「ジャパマーラー」と言い、「ジャパ」はささやいたり呟くこと「マーラー」は花輪と言う意味です。 それが仏教において数珠(念珠)となり、キリスト教においての数珠を「ロザリオ」、イスラム教の数珠が「タスビ」となり 数珠の形が世界に伝わりました。


2008年10月21日

仏教法典


明治の末期から大正時代に国宝級の経典、宮内庁図書部の特別の計らいなどから
可能な限り編集したわが国の仏教経典のおおよそ全てを収録している稀観書
大日本仏教全集


2008年10月09日

国宝 重要文化財の仏像


文化庁のホームページによると→文化財のページへ
国宝の彫刻品(主に仏像)は126個、重要文化財は2483個指定されています。

10月1日から京都 六派羅密寺では空也上人立像などの重要文化財12体を
最新の設備を備え改修された宝物館で一般公開されています。



2008年10月02日
  営業時間と定休日について
営業時間 午前10時〜午後6時
定休日は土・日・祝祭日
※休日に頂きました注文 お問い合わせのメールは休み明けに返信致します。
  発送ついて
商品の在庫がある場合、ご注文頂いた日から3営業日以内に発送致します。受注生産商品に関しましては2週間程度を要する場合もございます。
  お届け日・時間の指定
ご希望のお届け日時を注文時にご指定下さい。(より詳しく)
  送料について
ポスト投函されるメール便 200円
宅配便 600円〜900円(地域によって異なります)
海外発送希望の方は直接お問い合わせ下さい。(より詳しく)
  個人情報厳守します
ご購入時に入力いただいたお客様の個人情報は、弊社の業務目的以外に使用しません。個人情報データは弊社が責任持って安全に管理・保管しております。(より詳しく)
  掲載写真・商品について
写真はイメージです。お客様がご覧いただく環境などにより掲載商品の色調など、実際の商品と異なる場合がございます。ご了承ください。
  お支払いについて
銀行振込・郵便振替・代金引換(メール便不可)・下記クレジットカードがご利用いただけます。(より詳しく)

  手数料について
銀行振込・郵便振替料・代引き手数料はお客様負担となります。
  返品について
・商品到着後10日以内にご連絡下さい。
・開封後の商品の返品はご容赦下さい。
・お客様の都合による返品手数料はご負担頂きます。
  領収書について
・クレジットカード …カード会社が発行する「ご利用明細書」が領収証となります。
・代金引換…各社が発行する「お客様控え」が領収書となります。
・郵便振替/銀行振込…ご入金時に発行される控えが領収書となります。
  お問合せ先
購入方法や商品に対する質問等がございましたらお問い合わせください。
E-Mail:info@artmemory.co.jp
TEL 03-3388-8266 FAX 03-3388-8268
(午前10時〜午後6時) 土日・祝休み
  営業カレンダー
Calendar Loading

 … 本日   … お休み